アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ステーショナリー」のブログ記事

みんなの「ステーショナリー」ブログ


パイロット万年筆 パイロット創立70周年記念万年筆

2014/03/02 07:35
画像

人気の無かった万年筆が、ある日脚光を浴びる…そんな万年筆は数少ないですが、このパイロット創立70周年記念万年筆はその数少ない内の一つと云えるでしょう。

今回紹介する70周年記念万年筆は1988年に発売されましたが、2000年代初めになっても文具店の片隅でひっそりと並べられてるような人気の薄い万年筆でした。
人気が薄かった理由は、ペンポイントの種類が中細の1種類だった事や地味な作りで価格も38,000円と値が張ったこと、あとはペン先が非常に軟らかかった事が理由に挙げられるようです。
確かにこの頃からボールペンの性能が著しく向上してましたし、万年筆を使うような機会も少なくなってましたしたので、高い筆圧になれた手で敢えて軟らかいペン先を買う理由はなかったでしょう。

このままひっそりと時間だけが経過するものと思われましたが、近年の万年筆の人気上昇と、市場に硬いペン先の占める割合が大きく、軟らかいペン先に希少価値が付いて文具店の在庫から急速に消え去ることになりました。
僕が万年筆に興味を持ちだしたのが2006年頃でしたが、その頃には都内で見かけることは殆ど無かったと思います。

画像

創立記念の万年筆だけはあって、本体はやや地味でも箱は結構お金をかけてます。
添付の解説書には、樹齢70年以上の北海道北部のナラを使っているとの記載がありました。
中は入れ子式の二段箱となっており、上段に万年筆、下段に保証書や説明書などが格納されています。

画像

キャップを付けた収納状態です。全長140mm。
フォルムはベスト型と呼ばれる、天冠と尾軸が平らにカットされたような形になってます。
クリップはパイロット伝統の玉クリップ。解説書を読むと、由来は剣と宝珠だそうです。
ちなみに、軸の銘板はペン先正面より45度ずらしてネジ切られてるようです。無理に正面に合わせようとひねると壊れますので要注意!

画像

キャップを尾軸に付けた筆記状態です。全長は165mmと若干長めです。
軸径はねじ切り真下で12mm。カスタム724ぐらいの太さでしょうか…。
軸には網目模様がレーザー彫刻で施されており、滑りづらくなっています。

画像

70周年記念万年筆はプッシュ式の大容量コンバーター「CON-70」が最初から付属しています。
ただし、写真にあるように市販のものではなく、特別仕様のコンバーターとなっています。

画像
画像
画像
画像

特徴的なのがペン先です。全体的に長めのペン先で、切り割りも若干深くなっています。
それ以上に特徴的なのは、2枚目の画像を見て頂くと分かりやすいんですが、ペン先がお辞儀してるのです。
このお辞儀が軟調ペン先であるにも関わらず筆感にコシを生む要因となっているのです。

画像

書き味は一言で表すと「フェザー級な柔らかさ」…。少し力を入れると筆線が太くなります。
ただ、紙面にタッチしたときはフニャ〜としただらしない柔らかさで無く、フニャンとしたバネのある柔らかさだったりします。
喩えて言うとパイロットの軟調ニブで「フォルカン」がありますが、それよりややコシがあるものと考えて頂いて結構です。

画像

以前、他に70周年を所有している人で「この70周年さえあれば他はいらんわ〜」と言う人が居ました。
その頃は太字が流行っていた時期でしたが、そんな時でも中細の70周年が手放せなかったのは、人を惹きつける書き味の魔力を有していたからでしょう。
以前に比べパイロットも軟調ニブが増えてきました。また70周年のような魔力を持った万年筆が復活してくれれば良いですね。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3


アピカ Premium C.D. NOTEBOOKを買ってみた

2012/01/15 09:50

 アピカがCDノートを発売25周年を迎えるにあたって、シリーズに新たにプレミアムラインを加えました。
 それがこの「Premium C.D.NOTEBOOK」。本来ならば1月末発売なのですが、銀座伊東屋で先行発売を行っていたのでB5版とA5版のそれぞれ横罫、方眼罫のものを試しに購入してみました。


 まず触れてみて驚くのが滑らかな紙面。「シルキーさ」を前面に打ち出してるだけはあって非常に滑らかです。アピカは学習ノートやアピカノートを昔使ったことがあって、どちらかというと紙面に凹凸の多い鉛筆向きのノートの印象が強かったのですが、このノートの用紙として使用されている「A. Silky 865 Premium」は専用に制作されたことだけはあって作りが全然違っていてちょっとビックリしました。
 綴じ方も「糸かがり綴じ」を採用しており、フラットに開帳することが出来ます。折角滑らかでも紙面が山になっていたら書きづらいですからね。しかもちゃんと細かいところに拘っており、ノート表紙の色と綴じる糸は同じ色のものを使用しています。帯に付けた「紳士なノート」という標語にも思わず納得してしまう作りです。


 このノートに使う筆記具としてはゲルボールペン、油性ボールペン(三菱のPowerTANK除く)、水性ボールペン、万年筆がお勧めです。紙面が非常に滑らかなので低筆圧でスーッと書け、気持ちの良いライティングが出来ると思います。但し、万年筆の場合、太字以上のサイズでパシャッとした粘性の低いインクを使って書くのは避けた方が良いかもしれません。一部のインクでは滲みや裏抜けが発生しました。
 鉛筆は不可なく使用できますが、紙面が滑るのでやや細字で色が薄くなる印象を受けました。
 また、不向きな筆記具は油性マーカーや蛍光マーカーです。裏抜けがひどいのでこちらは使用するときは注意した方が良いでしょう。

 総括としては、アピカも総力を尽くして作ったノートであることが窺える非常にすばらしいノートだと思います。
 ただ、いかんせんA4サイズ(96枚)で1,575円(用紙1枚あたり約16円)とコストパフォーマンスがずば抜けて悪いのも気になります。
 たしかに色々と手が込んだ高級品ではありますが、ノートは汎用的な実用品。最初は珍しがって買うお客も、用途に困って次第に選択肢から外れてしまうのではないか…と危惧しています。コクヨのキャンパスハイグレード澪の二の舞にならないよう、日記用や手帳用といった商品展開を進めていく必要があるのではないでしょうか。



New! アピカ・Premium CDノート【メール便で送料無料】
文具の専門店・文喜堂
■取り寄せ商品です。商品発送はご注文後4?5営業日後(土日・祝祭日を除く)の発送になります。品切れの



記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1


コストパフォーマンスの高いスケジュール帳

2011/10/16 17:36
レイメイ藤井 RFDR126

 先日、横浜高島屋にある伊東屋で良いスケジュール帳を見かけたので購入しました。
 レイメイ藤井のRFDR126というブロック式月間スケジュール帳で、本来は同社のフォルダイアリーシリーズのリフィルとして使うものなのですが、紙質はしっかりしてるのでそのまま使用しても十分役割を果たしてくれます。
 月間スケジュールの他、イヤープラン、アドレス帳頁があり、必要最低限の構成でまとめてあります。サイズは写真のA5サイズ意外にB5とB6サイズが発売されています。A5でも十分ですが、情報量を少しでも多く書き溜めたい方はB5サイズが宜しいでしょう。2011年の10月から2013年1月迄の16ヶ月が記録できて、価格がB5サイズで350円、A5が300円、B6が250円と破格の安さ。かなりコストパフォーマンスが高いです。

レイメイ藤井 RFDR126 中身

 デイリーブロックは6mm間隔で罫線が印刷されており、記入する際のルーラーとして使える他、時間帯別や業務別など分けるような使い方も可能となっています。また、低価格帯スケジュール帳では珍しく、季節の行事や六曜が印字されていますので、暦を重視される業務を行っている方(僕もそうです)にも使いやすいでしょう。また、各週の横や空日にも罫線が引かれているので、Todoや月間目標の記載などでも利用でき余すこと無く書き込める仕様となっています。
 紙質は張りがあり上質。表面はケント紙のような滑らかさで、鉛筆・ボールペン・万年筆とスムーズに書き進めることが可能です。インクの裏抜けにも強く、各方面で裏抜けが多いと噂される低粘度のパイロットのブルーインクでも大丈夫でしたので、万年筆使いにはありがたいですね。しかし、裏抜けはない分、粘度が高めのインクは乾きが遅い弱点があります。特にゲルペンや油性ボールペンを使う際は十分ご注意下さい。 




【レイメイ藤井2012年度】マルチカバーダイアリー・フォルダイアリー用月間リフィル A5サイズ 10月始まり【RFDR126】
バッテリー&ドアミラー SEVEN
●本体サイズ:W148×H210×D3mm●本体重量:71g ブロック式マンスリー、見開き1ヶ月 1



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ヴァルドマン エイジアンブルー ボトルインク

2011/06/27 23:47
waldmann_turquoise_ink_000 暑い夏が近づく中、涼感を求めてターコイズのインクを使い出しました。
ラミーのターコイズを使うことが多かったのですが、たまには他のインクも試してみたい気持ちもありましたので、少々珍しいヴァルドマンのエイジアンブルーを購入してみました。
取扱店も少ないのでウェブ上でもあまり取り上げられていない様子……う〜む、マイナーすぎたか。

waldmann_turquoise_ink_001 外観は、ガラス瓶に金属製の蓋の組み合わせでこぢんまりとしたスタイリッシュな作りとなっています。
 金属製の蓋は適度な重量感があり、その重みを利用してキュッと閉まる感触はなかなか良い感じです。また、金属製の蓋であっても瓶自体もちゃんと安定した作りとなっていて、机を揺らしたとしてもひっくり返ったりしないところは評価できます。最近は金属製でなくプラスチック製の蓋が増えてきてるようです。見分け方は、箱上部に色見本がついていないのがプラスチック製蓋ですので、購入される際は注意が必要でしょう。
 欠点としては、瓶底がアーチ型となっているので、インク量が少なくなってきた時は吸入が難しくなる点です。残量が少なくなってきた時は傾けて使うようにするしかありません(それでも吸入は難しいかも)。また、25mlの容量で1,260円とコストパフォーマンスが悪いのも改善して欲しい理由の一つです。

waldmann_turquoise_ink_002 色はラミーのターコイズに非常に似た色をしています。違うといえばヴァルドマンの方がやや薄めであることと、ラミーと比べて濃淡がそれほど現れないところでしょうか。
 インクは水っぽさは感じないのですが、全般的に各メーカーの万年筆との相性は良く、フローは潤沢です。それ故、裏抜けや、裏移り、紙によっては滲みなどが発生しやすくなっていますので、お使いになる時はそれらの特性を踏まえてご使用下さい。


【データ】
価格:1260円(税込)
容量:25ml
CP:1mlあたり約50円

【使用した万年筆】
Montblanc Meisterstück 146 F



ヴァルドマン ボトルインク「文房具ならペンルーム」 (1200)
世界の筆記具販売 ペンルーム
【カラー】・ブラック ・ブルー ・カイザーレッド ・シュバルツバルト・グリーン ・パープル ・バウム
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


セーラー万年筆 ブライヤースタンダード

2011/04/17 10:06
ブライヤースタンダード 全体予告通り、今回は、3月に三越世界の万年筆祭で先行発売された、セーラーの銘木スタンダードシリーズ「ブライヤースタンダード万年筆」の紹介です。
銘木スタンダードシリーズは、セーラーのフラグシップのプロフィット21やプロフェッショナルギアと比べると細く・小さく・軽く作られているのが特徴で、キャップも嵌め込み式と至ってシンプルな作りになっています。手帳のお供なんかに最適かもしれません。特にこのブライヤー軸は従来の保護塗装やワックスなどが施されていない無垢のままを使用していますので、長年使用すれば色が濃くなり、軸表面も艶やかになります。ナチュラルヌメ革やコードバンの手帳と組み合わすと良いと思います。

ブライヤースタンダード 全体(筆記)無垢ブライヤー材ですから軸色は白みを帯びています。軸の表面も綺麗に削り出されていますのでツルツルとして柔らかな感触で握り心地も乙なものです。表面は滑らかで細身の軸ながらキャップは尾軸にしっかりとはまります。ですので筆記最中にガタつくこともありません。豪華さでは適いませんが、この点は30周年よりもお勧めできる部分だと思います。
このブライヤースタンダードの軸にはブライヤー特徴の艶やかさはまだ出てきておらず、マットな輝きが少しばかりある程度です。これが磨き込み、使い込まれていくとあの艶々とした輝きを生むのですから実に楽しみな逸品と云えるでしょう。ちなみに、お手入れに「佐々木商店のつやふきん」や「ラナパー」をお使いになってる方もおられるようですが、僕は鹿革(セーム革)のハギレで手入れしています。こちらの方がじっくりと変化を味わえそうな気がします。


ブライヤースタンダード ペン先比較ブライヤースタンダードのペン先は、プロフィット21のペン先に比べてやや小振りのタイプとなっており、14金のロジウムメッキ仕上げとなっています。
字幅は中細のみです。他の銘木スタンダードシリーズが細字のみですので購入される時はご注意下さい。
筆記感はやや硬めで、筆の運びは非常に滑らかです。

ブライヤースタンダード 継ぎ目なかなか良いブライヤースタンダード万年筆ですが、残念な部分も少しありました。一番気になった部分は軸と金具の境目。写真ではピッタリとくっついていますが、ここに隙間がある個体が結構な数見られたこと。木目が特に良いものでも隙間が空いている個体だとなかなか手を出しづらいものがあります。セーラーの営業さんの話では、加工が難しく、木の特質上致し方ない部分もあるとの事。木は生き物ですから、多少の隙間も「味」の一種と考えた方が良いのかもしれませんね。

また、同シリーズでは既に智頭杉、黒檀、鉄刀木などが発売されており、ブライヤーも発売されるのでは?との噂は以前からありました。ですが、同じくブライヤー素材のプロフィット30周年の発売と重なってしまい影が薄くなってしまった印象があります。実際、30本先行発売とのことでしたが、最終日近くの購入にも関わらずまだ20本強残っていました。関係者曰く「加工が難しいのでブライヤーはあまりやりたがらない、後はお客さん次第」との事。せっかく発売したブライヤースタンダードが先行発売から限定発売にならないよう、次の発売の機会があったら皆さん手にとって見てあげて下さい。



 セーム革【YDKG-...

 セーム革【YDKG-...
価格:260円(税込、送料別)



記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


トップへ | みんなの「ステーショナリー」ブログ

LA OBSERVATORIO ステーショナリーのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる