アクセスカウンタ

LA OBSERVATORIO

プロフィール

ブログ名
LA OBSERVATORIO
ブログ紹介
アルコホルの明かりが灯る観測所から
zoom RSS

パイロット万年筆 パイロット創立70周年記念万年筆

2014/03/02 07:35
画像

人気の無かった万年筆が、ある日脚光を浴びる…そんな万年筆は数少ないですが、このパイロット創立70周年記念万年筆はその数少ない内の一つと云えるでしょう。

今回紹介する70周年記念万年筆は1988年に発売されましたが、2000年代初めになっても文具店の片隅でひっそりと並べられてるような人気の薄い万年筆でした。
人気が薄かった理由は、ペンポイントの種類が中細の1種類だった事や地味な作りで価格も38,000円と値が張ったこと、あとはペン先が非常に軟らかかった事が理由に挙げられるようです。
確かにこの頃からボールペンの性能が著しく向上してましたし、万年筆を使うような機会も少なくなってましたしたので、高い筆圧になれた手で敢えて軟らかいペン先を買う理由はなかったでしょう。

このままひっそりと時間だけが経過するものと思われましたが、近年の万年筆の人気上昇と、市場に硬いペン先の占める割合が大きく、軟らかいペン先に希少価値が付いて文具店の在庫から急速に消え去ることになりました。
僕が万年筆に興味を持ちだしたのが2006年頃でしたが、その頃には都内で見かけることは殆ど無かったと思います。

画像

創立記念の万年筆だけはあって、本体はやや地味でも箱は結構お金をかけてます。
添付の解説書には、樹齢70年以上の北海道北部のナラを使っているとの記載がありました。
中は入れ子式の二段箱となっており、上段に万年筆、下段に保証書や説明書などが格納されています。

画像

キャップを付けた収納状態です。全長140mm。
フォルムはベスト型と呼ばれる、天冠と尾軸が平らにカットされたような形になってます。
クリップはパイロット伝統の玉クリップ。解説書を読むと、由来は剣と宝珠だそうです。
ちなみに、軸の銘板はペン先正面より45度ずらしてネジ切られてるようです。無理に正面に合わせようとひねると壊れますので要注意!

画像

キャップを尾軸に付けた筆記状態です。全長は165mmと若干長めです。
軸径はねじ切り真下で12mm。カスタム724ぐらいの太さでしょうか…。
軸には網目模様がレーザー彫刻で施されており、滑りづらくなっています。

画像

70周年記念万年筆はプッシュ式の大容量コンバーター「CON-70」が最初から付属しています。
ただし、写真にあるように市販のものではなく、特別仕様のコンバーターとなっています。

画像
画像
画像
画像

特徴的なのがペン先です。全体的に長めのペン先で、切り割りも若干深くなっています。
それ以上に特徴的なのは、2枚目の画像を見て頂くと分かりやすいんですが、ペン先がお辞儀してるのです。
このお辞儀が軟調ペン先であるにも関わらず筆感にコシを生む要因となっているのです。

画像

書き味は一言で表すと「フェザー級な柔らかさ」…。少し力を入れると筆線が太くなります。
ただ、紙面にタッチしたときはフニャ〜としただらしない柔らかさで無く、フニャンとしたバネのある柔らかさだったりします。
喩えて言うとパイロットの軟調ニブで「フォルカン」がありますが、それよりややコシがあるものと考えて頂いて結構です。

画像

以前、他に70周年を所有している人で「この70周年さえあれば他はいらんわ〜」と言う人が居ました。
その頃は太字が流行っていた時期でしたが、そんな時でも中細の70周年が手放せなかったのは、人を惹きつける書き味の魔力を有していたからでしょう。
以前に比べパイロットも軟調ニブが増えてきました。また70周年のような魔力を持った万年筆が復活してくれれば良いですね。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3


モンブラン マイスターシュテュック #147 トラベラー M

2013/10/17 05:57
下記記事は、『万年筆インプレ広場』に2009年に掲載した記事です。
万年筆インプレ広場が閉鎖されたため、記録保持のため掲載しております。
掲載当時の文章をそのまま載せているため、情報が古い場合もございますのでご承知おきください。

画像

[データ]
【本体】
全長:146mm
本体長さ:125mm
筆記時長さ:159mm(尻軸にキャップ装着時)
胴軸周り:13.5mm
首軸周り:11mm
重さ:26.5g(カートリッジ2本)

【ニブ】
材質:14k
長さ:21mm
サイズ:M

万年筆ファンの中ではあまり話題とならなかった#147トラベラーです。
146と同サイズですが、カートリッジ専用で価格も146より高めということが敬遠された理由かもしれません。
私はカートリッジ式が好きなので、この商品がカタログから外されてしまったのが寂しいですが…

画像

カートリッジホルダーは、尻軸をゆるめて引っ張ると出てきます。
インクカートリッジは2本まで入れることが出来ます。
といいますか、2本入れておかないとカートリッジがうまく挿せません (´・ω・`)
後述しますが、ホルダーの中心にカートリッジの留め具がくっついてるんですが、それが小さくてあまりストッパーの役割を果たしていないのです。
ロングタイプが入れられないようになってるわけですから、ここら辺はちゃんとしてもらいたかったなぁ・・・

画像

ホールダーにインクカートリッジをセットしたら、後は尻軸にネジ込むだけ。
さすがにここら辺は金属でカッチリ作ってあります。

画像

これがカートリッジホルダーです。
真ん中に心もち飛び出したストッパーがなんとも…
予備用ホルダーの一番奥(尻軸側)にはバネが付いています。
これは、予備カートリッジが緩んで落ちないようにストッパーへ押しつける役割を果たしています。
ちなみに、使い終わったカートリッジは予備用ホルダーに入れないように!
バネが錆び付くと、軸内でカートリッジが抜け落ちて、軸内で引っかかったりします。
そうすると最悪の場合、ホルダーが引き抜けなくなったりします(;´Д`A

画像

ペン先は#146同様14金とプラチナのバイカラーで、字幅はMサイズです。
書ける字体は縦にやや太く横にやや細めです(最後の写真参考)。
「ニブが固い」と仰る方もいるようですが、そんなに言うほど固くないです。
適度にしなりもあるし、スラスラッとした書き味です。

画像

こちらはペン芯です。
写真で見るとそうは見えないのですが、実際は結構薄いフィンです。
指先で引っ掻いたら折れそう…

画像

画像

インクは、Ohto社のブラックを入れてます。
色は青みがほんのり入った黒で、パーカーのクインクブラックに比べ青みが少し抜けた感じになりますね。
青みがかった黒は結構好きなので愛用しています。
また6本で210円というコストパフォーマンスに優れている点も気に入ってます。
モンブランのものだと1本70円の計算になってしまいますから…

ちなみに他にも↓のカートリッジを試してみました。

無印良品   ◎
ペリカン    △
ウォーターマン×

無印良品はOhtoから仕入れてるので、ピッタリでした。出先でインクが切れたときは、無印に飛び込むのもアリ…かも?
ペリカンは、ギリギリ入ります。ただ、何かの拍子でホルダーからカートリッジがずれたりすると引き抜くときに軸内部でホルダーが引っかかってしまい抜けなくなります(実際結構やばかった^^;)。
ウォーターマンは、差し込み口は規格化されていて大丈夫なんですが、カートリッジ自体が細く作られていますのでホールディングされません。

他にもカルティエやダンヒルなんかも合いそうですね。
ダンヒルは10本で420円なので、取扱が少ないという点を除けば良いかもしれません。




MONTBLANC(モンブラン) マイスターシュテュック ル・グラン147 万年筆 12090
高級筆記具のペンギャラリー報画堂
【国 籍】 ドイツ【メーカー】 モンブラン[montblanc]【シリーズ】 マイスターシュテュック



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1


山田ハケブラシ製作所 靴磨きブラシ

2012/05/13 09:54
 革靴を永く使うにはシューケアは必須。シューケアの用品は色々あるけれども、今回は僕が使ってみて良かったと思った東京九段下にある刷毛・ブラシ専門店山田ハケブラシ製作所の靴磨き用ブラシを紹介します。
 トレードマークの「しめ縄に蜻蛉」と「神田 山田製」の焼き印。そこに「天下一品」だの「日本一」だの「大極上」だの景気の良い刻印が並んでいますが(^^;)このブラシには刻印に負けない自信が窺えます。
 僕が最初にこのお店で購入したのは5年前。写真奧にある黒毛の馬毛ブラシで、ホコリ落としや仕上げ用として使っていました。他のブラシと比べて、細かい隙間に入ったホコリがしっかり落とせるし、摩擦力もあるので革靴がピカピカに仕上げることが出来ました。第一印象で「ブラシが違うと違うもんだな」と強く感じた次第で、それからというもの馬毛ブラシの他に豚毛ブラシも買い足してずっと愛用し続けています。また永く使っているので、毛に靴クリームの油が浸透し、最近はブラシ磨きだけでピカピカになる魔法のようなブラシに変貌しています。

 山田ハケブラシ製作所の靴ブラシの特徴は、ブラシの毛の「密度」と「コシ」。写真の左右のブラシを比較して頂くと分かるのですが、左側の普通の靴ブラシと比べ、右の山田ハケブラシ製作所のブラシでは密度が全然違います。また、密度があるから豚毛のバネが生かせないといったらそうではなく、毛はしなやかなのにコシがあるのでブラッシング性能は非常に高いのです。この「密度」と「コシ」があるから最低限のブラッシング量で綺麗になるのです。
 また、もう一つの特徴として「毛が抜けないこと」があります。靴ブラシを使われている方で、毛抜けに悩まれている方も多いと思います。僕もこのブラシと出会う前は、購入直後から抜け出して1年でダメになったモノなどもありました。でも、このブラシは手植えでかなり頑丈に作っているとの事で、5年間使用して毛が抜けたことが一度も無いというスグレモノ…(イヤ ホントに^^;)。しっかり丁寧に作り込まれた職人技のブラシと言えるでしょう。また、仮にダメになった場合は、お店の2階が工房となっているので修理も承るとのことです。


画像 お店は、地下鉄九段下駅もしくは神保町駅から出て徒歩5〜6分の靖国通りに面したところに構えています。靴ブラシは手植製と機械植製があり、大きさにも寄りますが前者の価格は3,500円〜4,200円程、後者は800円〜1,000円程です。手植製は機械に比べて3〜5倍ほど高くなっていますが、お店の人曰く「手植えは一生モノ」との事です。



山田ハケブラシ製作所
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1


アピカ Premium C.D. NOTEBOOKを買ってみた

2012/01/15 09:50

 アピカがCDノートを発売25周年を迎えるにあたって、シリーズに新たにプレミアムラインを加えました。
 それがこの「Premium C.D.NOTEBOOK」。本来ならば1月末発売なのですが、銀座伊東屋で先行発売を行っていたのでB5版とA5版のそれぞれ横罫、方眼罫のものを試しに購入してみました。


 まず触れてみて驚くのが滑らかな紙面。「シルキーさ」を前面に打ち出してるだけはあって非常に滑らかです。アピカは学習ノートやアピカノートを昔使ったことがあって、どちらかというと紙面に凹凸の多い鉛筆向きのノートの印象が強かったのですが、このノートの用紙として使用されている「A. Silky 865 Premium」は専用に制作されたことだけはあって作りが全然違っていてちょっとビックリしました。
 綴じ方も「糸かがり綴じ」を採用しており、フラットに開帳することが出来ます。折角滑らかでも紙面が山になっていたら書きづらいですからね。しかもちゃんと細かいところに拘っており、ノート表紙の色と綴じる糸は同じ色のものを使用しています。帯に付けた「紳士なノート」という標語にも思わず納得してしまう作りです。


 このノートに使う筆記具としてはゲルボールペン、油性ボールペン(三菱のPowerTANK除く)、水性ボールペン、万年筆がお勧めです。紙面が非常に滑らかなので低筆圧でスーッと書け、気持ちの良いライティングが出来ると思います。但し、万年筆の場合、太字以上のサイズでパシャッとした粘性の低いインクを使って書くのは避けた方が良いかもしれません。一部のインクでは滲みや裏抜けが発生しました。
 鉛筆は不可なく使用できますが、紙面が滑るのでやや細字で色が薄くなる印象を受けました。
 また、不向きな筆記具は油性マーカーや蛍光マーカーです。裏抜けがひどいのでこちらは使用するときは注意した方が良いでしょう。

 総括としては、アピカも総力を尽くして作ったノートであることが窺える非常にすばらしいノートだと思います。
 ただ、いかんせんA4サイズ(96枚)で1,575円(用紙1枚あたり約16円)とコストパフォーマンスがずば抜けて悪いのも気になります。
 たしかに色々と手が込んだ高級品ではありますが、ノートは汎用的な実用品。最初は珍しがって買うお客も、用途に困って次第に選択肢から外れてしまうのではないか…と危惧しています。コクヨのキャンパスハイグレード澪の二の舞にならないよう、日記用や手帳用といった商品展開を進めていく必要があるのではないでしょうか。



New! アピカ・Premium CDノート【メール便で送料無料】
文具の専門店・文喜堂
■取り寄せ商品です。商品発送はご注文後4?5営業日後(土日・祝祭日を除く)の発送になります。品切れの



記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1


Metabones Contax G マウントアダプターを買ってみた

2011/12/30 10:41
 Contax G Sonnar T* 90mm/F2.8の写りが好きで愛用のオリンパスのE-P3と組み合わせて使うのに、今までKIPON製のマイクロフォーサーズ用コンタックスGマウントレンズアダプターを使用していましたが、より操作感が増しそうなMetabonesに切り替えてみました。購入先は、横浜関内のmuk カメラサービスさん。ネット販売だけで無く直売もされています。

 KIPON製(写真右)と比べてみましたがフォーカスリングの操作感は飛躍的に向上しています。KIPONがリングを回す感覚は「ヌリッ…ヌリリッ…」といった感じですが、Metabonesは「クリリリリッ…」と軽快さがあります。また、リングがKIPONと比べて幅が広いので非常に持ちやすく、操作し易いですね。また世界に輝く「Made in Japan」でもあるので信頼性も抜群です。

 しかし、色々と課題があるのも事実です。
 まず、非常に装着効率が悪いことが挙げられます。写真をご覧のようにアダプタ側にレンズ接合の目印がありません。Contax Gレンズはフォーカスを動かすための突起がありますので、それを目印にして装着する必要が生じます。また、レンズをアダプタと固定させるためのロックスイッチもアダプタ裏側にあるので、それをロックにする必要もあり、手順が多く非常に面倒です。このロックスイッチもくせ者で、アダプタ裏側にあるものだから、アダプタだけを本体に付けっぱなしにしてレンズのみ交換という手段が使えません。機動性という点はKIPONの方に軍配が上がります。

 Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 Gを装着したE-P3です。見た目はそれほど悪くありません。45mmや28mmならもっとすっきりするかもしれませんね。カメラケースにクレイスミスのものを使っていますが、このケースだと装着の際にアダプタの外周と干渉します。リングが回らないということではないので実用には何の支障もありませんが、非常に装着しづらいのでケースについてはよく考える必要があります。





 手持ちのCarl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 Gで撮影した写真です。ご覧のように解像度の高い綺麗な撮影が出来ます。
 個人的な意見ですが、どんなに良いレンズを持っていたとしても、操作感が悪ければ一緒に持ち歩く機会が減ってしまいます。欠点もありますが、愛用したいレンズを使いやすくするためにも、このMetabonesのアダプターはオススメです。Gレンズをお持ちの方は機会があれば是非手にしてみて下さい。




記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


コストパフォーマンスの高いスケジュール帳

2011/10/16 17:36
レイメイ藤井 RFDR126

 先日、横浜高島屋にある伊東屋で良いスケジュール帳を見かけたので購入しました。
 レイメイ藤井のRFDR126というブロック式月間スケジュール帳で、本来は同社のフォルダイアリーシリーズのリフィルとして使うものなのですが、紙質はしっかりしてるのでそのまま使用しても十分役割を果たしてくれます。
 月間スケジュールの他、イヤープラン、アドレス帳頁があり、必要最低限の構成でまとめてあります。サイズは写真のA5サイズ意外にB5とB6サイズが発売されています。A5でも十分ですが、情報量を少しでも多く書き溜めたい方はB5サイズが宜しいでしょう。2011年の10月から2013年1月迄の16ヶ月が記録できて、価格がB5サイズで350円、A5が300円、B6が250円と破格の安さ。かなりコストパフォーマンスが高いです。

レイメイ藤井 RFDR126 中身

 デイリーブロックは6mm間隔で罫線が印刷されており、記入する際のルーラーとして使える他、時間帯別や業務別など分けるような使い方も可能となっています。また、低価格帯スケジュール帳では珍しく、季節の行事や六曜が印字されていますので、暦を重視される業務を行っている方(僕もそうです)にも使いやすいでしょう。また、各週の横や空日にも罫線が引かれているので、Todoや月間目標の記載などでも利用でき余すこと無く書き込める仕様となっています。
 紙質は張りがあり上質。表面はケント紙のような滑らかさで、鉛筆・ボールペン・万年筆とスムーズに書き進めることが可能です。インクの裏抜けにも強く、各方面で裏抜けが多いと噂される低粘度のパイロットのブルーインクでも大丈夫でしたので、万年筆使いにはありがたいですね。しかし、裏抜けはない分、粘度が高めのインクは乾きが遅い弱点があります。特にゲルペンや油性ボールペンを使う際は十分ご注意下さい。 




【レイメイ藤井2012年度】マルチカバーダイアリー・フォルダイアリー用月間リフィル A5サイズ 10月始まり【RFDR126】
バッテリー&ドアミラー SEVEN
●本体サイズ:W148×H210×D3mm●本体重量:71g ブロック式マンスリー、見開き1ヶ月 1



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Pelikan Souveran M450 Vermeil/Tortoise Bnib

2011/10/10 13:11
 今回の良品紹介は、ペリカン社のM450です。
 舶来万年筆の代表格であるペリカン万年筆の中でも特に異彩を放っていたのが、このM450 バーメイル/トータスです。金のキャップ・尾軸に、緑がかった鼈甲色の組み合わせが美しく、一目で虜となってしまいました。購入してから既に2年が経ちましたが、今でも前線で活躍してくれる非常に頼もしい万年筆であったりもします。
 しかし、人気があって2004年からロングセラーを続けていたM450でしたが、今年になってついにカタログ落ち。価格が価格なのですぐに店頭から一掃されると言うことは無いと思うのですが、この雄姿も次第に見られなくなると思うと残念で仕方ありません。

 M450は過去発売されていたPelikan 500を彷彿とさせる姿形をしていますが、500の方は金貼りのみであったのに対し、こちらはスターリングシルバーに金メッキを施したバーメイルになっています。画像をご覧頂きたいのですが、キャップのネームスペースの末尾に「Ag925」と彫られています。バーメイルの特徴は、表面が金であっても地金が銀であるため、時間が経過するとともに燻されてきて赤く焼けたような侘びのある風情を醸し出してくれます。
 軸もペリカン伝統のセルロースの積層をスライスしたストライプなので、インク残量も見やすく実用的にも優れた万年筆となっています。

 また、このM450は、ペリカン社が発売しているレギュラー品M400と同等のサイズとなっていますがペン先はM400は14金を使ったニブなのに対しM450は18金を使っています。特に書き出しのペンポイントを紙面に触れる際のタッチ感が「トッ」といった置いた感じではなく 「ヌッ」っと柔らかく気持ち良く書き出すことができます。


ペンポイントの形は旧型の角研ぎタイプで、縦に太く横に細い線幅となっています。角研ぎはひねりの許容性が狭く扱いが大変なので、この研ぎを採用しているメーカーは(ペリカン含め)少なくなっています。今となっては日本語(特に漢字)が美しく書けるペン先と言うことで非常に愛用しています。僕はインクにスティピュラのグリーンを使用していますが、濃淡がはっきり出るインクですので見栄えの良い文体が出来上がります(字が汚いので見栄えだけでも…というのは内緒)。M450を入手できたら是非インクにも拘ってみて下さい。きっと新たな感動が生まれると思いますよ。

 さて、最後になりましたが注意点として軸のバランスを挙げさせてもらいます。
 先述したとおり軸のサイズはペリカン社のレギュラーM400と同じサイズではありますが、キャップと尾軸が金属で、かつインク吸入式機構を備えていることから、M400と比べてペン後方に重心がかなり移動しています。ペン先近くをもたれる方やペンを立てて書かれる方はこの点ご留意下さい。



ペリカン スーベレーン M450 ヴァーメイルトートイス 万年筆【smtb-KD】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_メッセ】
クラウンマスターズ
ギフト対応「君主」「卓越した」「優れもの」などの」意味を持つスーベレーン。ペリカン万年筆のフラッグシ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

LA OBSERVATORIO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる