アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「革靴」のブログ記事

みんなの「革靴」ブログ


山田ハケブラシ製作所 靴磨きブラシ

2012/05/13 09:54
 革靴を永く使うにはシューケアは必須。シューケアの用品は色々あるけれども、今回は僕が使ってみて良かったと思った東京九段下にある刷毛・ブラシ専門店山田ハケブラシ製作所の靴磨き用ブラシを紹介します。
 トレードマークの「しめ縄に蜻蛉」と「神田 山田製」の焼き印。そこに「天下一品」だの「日本一」だの「大極上」だの景気の良い刻印が並んでいますが(^^;)このブラシには刻印に負けない自信が窺えます。
 僕が最初にこのお店で購入したのは5年前。写真奧にある黒毛の馬毛ブラシで、ホコリ落としや仕上げ用として使っていました。他のブラシと比べて、細かい隙間に入ったホコリがしっかり落とせるし、摩擦力もあるので革靴がピカピカに仕上げることが出来ました。第一印象で「ブラシが違うと違うもんだな」と強く感じた次第で、それからというもの馬毛ブラシの他に豚毛ブラシも買い足してずっと愛用し続けています。また永く使っているので、毛に靴クリームの油が浸透し、最近はブラシ磨きだけでピカピカになる魔法のようなブラシに変貌しています。

 山田ハケブラシ製作所の靴ブラシの特徴は、ブラシの毛の「密度」と「コシ」。写真の左右のブラシを比較して頂くと分かるのですが、左側の普通の靴ブラシと比べ、右の山田ハケブラシ製作所のブラシでは密度が全然違います。また、密度があるから豚毛のバネが生かせないといったらそうではなく、毛はしなやかなのにコシがあるのでブラッシング性能は非常に高いのです。この「密度」と「コシ」があるから最低限のブラッシング量で綺麗になるのです。
 また、もう一つの特徴として「毛が抜けないこと」があります。靴ブラシを使われている方で、毛抜けに悩まれている方も多いと思います。僕もこのブラシと出会う前は、購入直後から抜け出して1年でダメになったモノなどもありました。でも、このブラシは手植えでかなり頑丈に作っているとの事で、5年間使用して毛が抜けたことが一度も無いというスグレモノ…(イヤ ホントに^^;)。しっかり丁寧に作り込まれた職人技のブラシと言えるでしょう。また、仮にダメになった場合は、お店の2階が工房となっているので修理も承るとのことです。


画像 お店は、地下鉄九段下駅もしくは神保町駅から出て徒歩5〜6分の靖国通りに面したところに構えています。靴ブラシは手植製と機械植製があり、大きさにも寄りますが前者の価格は3,500円〜4,200円程、後者は800円〜1,000円程です。手植製は機械に比べて3〜5倍ほど高くなっていますが、お店の人曰く「手植えは一生モノ」との事です。



山田ハケブラシ製作所
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1


再会した新しい革靴

2011/09/24 20:00
ロイドフットウェア 銀座店

 長年雨天用として使っていた靴をついに履きつぶしてしまったことから、新たな靴を購入しようと、5年ぶりにロイドフットウェア銀座店へ行って参りました。
 
 ラバーソールのストレートチップと決めていたので一直線に店の一番奥へ行って選択。
 早速試し履きを行い、捨て寸、くるぶし周りをチェック。そしてお買い上げ……というところでしたが、店員さんから「甲を押さえて調整するプレーントゥが良いかもしれませんね」とアドバイスを頂きました。
 実はこのアドバイス、最後にロイドで買い物をしようとしたときも言われたセリフでした。ちなみに店員さんも同じ人(多分向こうは忘れてる)。うーむ、5年前から足の形が変わってないんですね、僕は。
 当時はプレーントゥがあまり好きでは無く、試し履きして散々悩んだあげくにお断りをした経緯があります。今はもうそんな拘りなんかないですから「試しに履いてみるか〜」といった気持ちでOKしました。

 そして履いてみるとピッタリ。
 昔の自分、何してたの?という気持ちにもなりましたが、ここまで気持ちよく履けて5年前にもお勧めされてるわけだから買わないわけにはいかなくなり、ストレートチップを取り下げ、プレーントゥを購入することとなりました。
 でも、そこで実に不思議な話。メンバーカードを忘れたので、過去の購入履歴から探してもらったところ、5年前の今日にプレーントゥを購入していたことになっていたのです…。その日は買ってる筈ないのに。

 この数奇な運命の下再び出会ったプレーントゥ君ですが、今は自宅で履かれる日を待っています。せっかく再会したのだから長い付き合いとしていきたいものですね。






ストレートチップ/ダイナイトソール(黒)
ETON HOUSE
(できるだけ忠実に再現するよう努力しておりますが、ディスプレイ画面等の環境上、ページで見た色と実際の
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タピール レーダーフレーゲクリーム

2010/07/19 23:05
画像 TAPIR(タピール)という製品はご存じですか?

 タピールは、Tapir Wachswaren(タピール・ヴァックスヴァーレン)社というドイツにある皮革ケア用品を製造する会社のブランドです。自然素材へのこだわりが強く、植物性原料は有機栽培ものオンリーで遺伝子組み換えされたものも使わないという徹底した姿勢。その使用原料もHP上で原料名・原産国・その特徴などがしっかりと記載しており、珍しいオープンなメーカーです。

 僕はタピールを一昨年初めて知ってこのフレーゲクリームを買ったのですが、これがなかなか良くてシューケアにずっと愛用しています。なにしろ従来使っていたクリームよりも非常に柔らかで、塗ると滑らかに伸びて革に馴染みやすいのです。

画像画像


 手に取る量は上の写真くらい(もう少し少なくてもOK)で、片方の靴全部をカバーできます。
 塗る前には、やや長めの豚毛ブラシでゴミやホコリを払っておいて古いワックスをクリーナーで除去しておいて下さい。また、古いワックスを落とした後に、固く絞った濡れ雑巾で拭けば革に水分が適度に補給されてさらに伸びがよくなります。

画像


 フレーゲクリームで磨いた後の革靴です。しっとりとしつつ艶のある上品な仕上がりです。
 ちなみに、この乳化性のフレーゲクリーム以外に、タピールからは液状の「レーダーフレーゲ」や「レーダーオイル」なども発売されていますが、通常のケアならばこれだけでも十分じゃないかと思います。
 
 一つだけ欠点を挙げるとすれば、シューケアクリームの中では最良のグッズにも関わらず取り扱うお店がもの凄く少ないということ。
 タピールを取り扱うお店が今後増えると良いのですが… 
 


タピール/TAPIR フレーゲクリーム・皮革用クリーム【Nr80075】
フェブインターナショナル
コウゴ 「靴のクリームでは定番というか、よくあるタイプのチューブタイプ!!固形よりも伸びやすく使いや



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Collonil ANTIRAIN - コロニル アンチレイン

2010/07/01 00:00
画像 記念すべき第1回の良品紹介は、レザーケアの"コロニル"からです。
コロニル社はドイツにあるレザーケア用品のメーカーで、自社ブランドだけでなくカルティエやバリー等のブランドレザーメーカーにもOEM供給しています。それだけ信頼のあるメーカーなのでしょう。



 このアンチレインは、そのコロニルから発売されている強力な防水用靴クリームです。また防水だけでなく、汗によるヒビ割れを防ぐ効用があったりと一石二鳥なクリームとなっています。
 僕は、レッドウイングのオイルレザーブーツをいくつか使っていましたが、いつもこれで手入れを行っていました。だって、これだけで保革も防水もつや出しも出来てしまうから。
見た目は油性ワックスのようですが、実際は乳化性クリームなのでとても柔らかく感触はバターのような感じです。缶を開けた時に甘い匂いがするのでワックスには蜜ロウを使っているのかもしれません。

 アンチレインは少量(小指の爪の面積ぐらい)をウェスに取り丁寧に伸ばして塗っていきます。踵から左右サイド2カ所、足の甲からつま先の3カ所に分けて塗ると良いでしょう。かなり柔らかいのでよーく伸ばしながら塗り込んで下さい。面白いようにスススーッと塗ることができますので。
 塗り終わったら30分から1時間ほど置いた後、ブラッシングして表面の余計なワックスを落として完了です。
強めの雨でもちゃんと防水していますし、汗にも強いのでオイルレザーの靴(ビジネスシューズで使われるカーフ・キップ等のスムースレザーは不可)を使われる方にはオススメの逸品かも。

 ただ、最近は手軽にケアできるスプレータイプのものが流行っているので、残念なことにアンチレインの生産は縮小気味です。
 補色カラーも今まではワインやブラウン・ダークブラウンなどもあったのですが、限られたところでの販売となっており、大部分のお店では黒と無色の2種類だけという寂しい状況となっています。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「革靴」ブログ

LA OBSERVATORIO 革靴のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる