LA OBSERVATORIO

アクセスカウンタ

zoom RSS 山田ハケブラシ製作所 靴磨きブラシ

<<   作成日時 : 2012/05/13 09:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

 革靴を永く使うにはシューケアは必須。シューケアの用品は色々あるけれども、今回は僕が使ってみて良かったと思った東京九段下にある刷毛・ブラシ専門店山田ハケブラシ製作所の靴磨き用ブラシを紹介します。
 トレードマークの「しめ縄に蜻蛉」と「神田 山田製」の焼き印。そこに「天下一品」だの「日本一」だの「大極上」だの景気の良い刻印が並んでいますが(^^;)このブラシには刻印に負けない自信が窺えます。
 僕が最初にこのお店で購入したのは5年前。写真奧にある黒毛の馬毛ブラシで、ホコリ落としや仕上げ用として使っていました。他のブラシと比べて、細かい隙間に入ったホコリがしっかり落とせるし、摩擦力もあるので革靴がピカピカに仕上げることが出来ました。第一印象で「ブラシが違うと違うもんだな」と強く感じた次第で、それからというもの馬毛ブラシの他に豚毛ブラシも買い足してずっと愛用し続けています。また永く使っているので、毛に靴クリームの油が浸透し、最近はブラシ磨きだけでピカピカになる魔法のようなブラシに変貌しています。

 山田ハケブラシ製作所の靴ブラシの特徴は、ブラシの毛の「密度」と「コシ」。写真の左右のブラシを比較して頂くと分かるのですが、左側の普通の靴ブラシと比べ、右の山田ハケブラシ製作所のブラシでは密度が全然違います。また、密度があるから豚毛のバネが生かせないといったらそうではなく、毛はしなやかなのにコシがあるのでブラッシング性能は非常に高いのです。この「密度」と「コシ」があるから最低限のブラッシング量で綺麗になるのです。
 また、もう一つの特徴として「毛が抜けないこと」があります。靴ブラシを使われている方で、毛抜けに悩まれている方も多いと思います。僕もこのブラシと出会う前は、購入直後から抜け出して1年でダメになったモノなどもありました。でも、このブラシは手植えでかなり頑丈に作っているとの事で、5年間使用して毛が抜けたことが一度も無いというスグレモノ…(イヤ ホントに^^;)。しっかり丁寧に作り込まれた職人技のブラシと言えるでしょう。また、仮にダメになった場合は、お店の2階が工房となっているので修理も承るとのことです。


画像 お店は、地下鉄九段下駅もしくは神保町駅から出て徒歩5〜6分の靖国通りに面したところに構えています。靴ブラシは手植製と機械植製があり、大きさにも寄りますが前者の価格は3,500円〜4,200円程、後者は800円〜1,000円程です。手植製は機械に比べて3〜5倍ほど高くなっていますが、お店の人曰く「手植えは一生モノ」との事です。



山田ハケブラシ製作所

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしい手植え靴ブラシの紹介、ありがとうございます。
早速、ご店主に、仕様を少し変えたものをお願いしました。
aczz
2015/10/03 14:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山田ハケブラシ製作所 靴磨きブラシ LA OBSERVATORIO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる