LA OBSERVATORIO

アクセスカウンタ

zoom RSS Metabones Contax G マウントアダプターを買ってみた

<<   作成日時 : 2011/12/30 10:41   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 Contax G Sonnar T* 90mm/F2.8の写りが好きで愛用のオリンパスのE-P3と組み合わせて使うのに、今までKIPON製のマイクロフォーサーズ用コンタックスGマウントレンズアダプターを使用していましたが、より操作感が増しそうなMetabonesに切り替えてみました。購入先は、横浜関内のmuk カメラサービスさん。ネット販売だけで無く直売もされています。

 KIPON製(写真右)と比べてみましたがフォーカスリングの操作感は飛躍的に向上しています。KIPONがリングを回す感覚は「ヌリッ…ヌリリッ…」といった感じですが、Metabonesは「クリリリリッ…」と軽快さがあります。また、リングがKIPONと比べて幅が広いので非常に持ちやすく、操作し易いですね。また世界に輝く「Made in Japan」でもあるので信頼性も抜群です。

 しかし、色々と課題があるのも事実です。
 まず、非常に装着効率が悪いことが挙げられます。写真をご覧のようにアダプタ側にレンズ接合の目印がありません。Contax Gレンズはフォーカスを動かすための突起がありますので、それを目印にして装着する必要が生じます。また、レンズをアダプタと固定させるためのロックスイッチもアダプタ裏側にあるので、それをロックにする必要もあり、手順が多く非常に面倒です。このロックスイッチもくせ者で、アダプタ裏側にあるものだから、アダプタだけを本体に付けっぱなしにしてレンズのみ交換という手段が使えません。機動性という点はKIPONの方に軍配が上がります。

 Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 Gを装着したE-P3です。見た目はそれほど悪くありません。45mmや28mmならもっとすっきりするかもしれませんね。カメラケースにクレイスミスのものを使っていますが、このケースだと装着の際にアダプタの外周と干渉します。リングが回らないということではないので実用には何の支障もありませんが、非常に装着しづらいのでケースについてはよく考える必要があります。





 手持ちのCarl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 Gで撮影した写真です。ご覧のように解像度の高い綺麗な撮影が出来ます。
 個人的な意見ですが、どんなに良いレンズを持っていたとしても、操作感が悪ければ一緒に持ち歩く機会が減ってしまいます。欠点もありますが、愛用したいレンズを使いやすくするためにも、このMetabonesのアダプターはオススメです。Gレンズをお持ちの方は機会があれば是非手にしてみて下さい。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Metabones Contax G マウントアダプターを買ってみた LA OBSERVATORIO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる